無意識に起こる悪い咬み癖(ブラキシズム)
ブラキシズムとは日本語で「歯ぎしり」や「くいしばり」と表現されます。
睡眠中や、何かに熱中しているときに、無意識に歯をギリギリさせたり、食いしばったり、カチカチと上下の歯を合わせ、歯や顎の骨、筋肉、関節を破壊していきます。

「私は家族から歯ぎしりをしていると言われたことがないので、そんなことはしていません」と否定される方がいらっしゃいますが、ほとんどの方が音をたてない状態のものなので、ご自分でも気づきません。
音をたてる歯ぎしりはかなりの重症です。

このようなブラキシズムは二人に一人の割合の方がもっている癖です。歯が割れたり、磨耗したり、修復物が欠けたり、はずれやすかったり、歯の根元の歯ぐきがやせたり、根元がえぐれたり、症状がなくても、重症な場合もあります。
また、知覚過敏(歯がしみる)、歯痛、歯周病、顎関節症、頭痛、肩凝りなどを悪化させます。

当院では対処法として、寝ている時はプラスチックのナイトガード(マウスピース、スプリント)をはめて、歯をプロテクトします。昼間は自己暗示をかけて、歯をすりあわせないように注意するようにします。
ストレスがブラキシズムの症状を増大させますので、なるべくストレスをためずに、リラックスや深呼吸をすることも大切と考えています。