デンタルカラー
ライラックの花の色、その藤紫は歯科医学のシンボルである。

1894年にハーバード大学で、各大学の総長とと評議員とからなる大学連絡委員会が開かれたとき、いろいろな職業を象徴する色について協議され、医学がGreen、神学がScarlet(深紅色)、法学がRoyal purple、薬学がOlieve、哲学がBlueに決まった。

そして残りの学科についても他の色が選ばれ、歯科医学の象徴色も意見の一致をみた。

それが1896年にサラトガで開かれたアメリカ歯科教授協議会の年次総会に提案され、J.D.Parleeson、W.H.Morgan、E.C.Kirkが委員に選ばれて標準的なライラック色が歯科医学を象徴する色として正式に採択されて決定したという。


出典:日本歯科評論/Februaly 1985, No.508 P8〜P10
「日本歯科評論」の表紙とデンタルカラー 結城太郎





竹内歯科室のロゴマークは「蓮華」をモチーフにしています。
花言葉は「傷を癒す」