定期検診
teiki1.gif

正しくブラッシングされているかどうか?     
歯石がついていないか?    
歯周病が進行していないか?    
噛み合わせに問題がないか?    
虫歯ができていないか?    
歯の根の病気になっていないか?    

       

など、歯科医や歯科衛生士がチェックする必要があります。また、治療後の修復物に変化がないかを確認することも大切です。毎日、噛むことによって、口腔内はかなり、疲労や磨耗しています。
大事になる前の早期発見が今後の治療回数や、治療費を最小限に留めます。

半年に1度は定期検診を受けましょう。


teiki2.gif

定期検診

人は冷たいものから熱いもの、柔らかいものから硬いものまで多種多様のものを食べます。そして一日何千回と噛みしめる強い力、これらの過酷な条件の中で、長年使用される金属などの材料に疲労が起こり、欠けたり、割れたりしやすくなり、二次的な病気を起こします。
そこで二次的な変化が起こらないように、もし起こっても早期に発見できるように定期検診が必要になります。人によっては一ヶ月に一回、三ヶ月に一回、あるいは六ヶ月に一回といった状態で定期検診をおこないます。専門的にはこれらのことを「メインテナンス」といって、治療後の検診と手入れを指します。

歯みがきの状態が正しく励行されているかどうか、噛みあわせの状態はどうかなどを調べ、患者さん自身ではどうしても不可能な部分の手入れを専門的に行い、一日でも長く健康な口腔を保つために、歯科医、衛生士と患者さんとで協力しあっていきます。


健康な人の定期検診

歯科の病気が全くない健康な人でも、一年に一回は定期検診を受けましょう。
歯科の病気は自覚症状が出たときはかなり重症です。
虫歯は初期の状態ではなかなか発見しにくいものです。
歯肉の病気も同様です。歯みがきの状態や自分ではどうしても気づかない歯石除去など、一年に一回は必ず専門的な手入れが必要です。


治療が終わった人の定期検診

歯科の治療は一度きちんと治療したからといって永久に良いということは絶対にありません。
治療前のその人の病気の程度によって、治療内容は異なりますが、単に歯につめただけで終わるものから、冠や入れ歯を入れることにより全体を治すものまで様々です。
冠に使用された材質の問題、入れ歯の設計による力のバランスの問題、さらに歯をささえる骨(歯槽骨)のダメージの状態などによって修復後に変化が生じてきます。
全身的な病気により身体が急に弱くなると、歯や歯ぐきも弱くなり作ったものがゆるんでくることもあります。