歯周病 その1
shisyu00.jpg

sisyuu1.gif

歯周病の初期段階を自己診断に頼ってはいけません。歯周病は眼にみえない歯の裏側からおこることが多いのです。そしてほとんどの場合痛みを伴いません。

そこで、たとえあなたが今まで虫歯もなく、自分の歯は健康であると思っているとしても、歯科医の検診を定期的にお受けになることをお勧めします。そうすれば、歯科医や衛生士は歯周病を初期段階で発見することができるわけです。早期に治療を行えば、歯周病の治療は簡単なもので済みますし、費用もわずかで済みます。

定期検診で、歯科医は患者の歯肉の色をチェックしたり、膨れ上がった歯肉やぐらついている歯がないかどうかを検査します。

プラークのバクテリアが、歯周病を起こす原因となる毒素を作ります。
歯周病はそのまま放っておくと、やがては骨が破壊され、歯肉の退縮を招きます。歯周病によって歯を支える骨が破壊され歯は抜け落ちていきます。

けれども、以下のことを守れば歯周病の予防は可能です。

 ・ 歯ブラシやデンタル・フロス、歯間ブラシ、スペースブラシを正しく使って、プラークを全て取り除いてください。
 ・歯周病の定期検診をお受けください。
 ・適切な治療をお受けください。


sisyuu2.gif

・朝起きて口の中が臭くないですか?
・歯みがきすると血がでませんか?
・歯ぐきが、赤くブヨブヨしていませんか?


あてはまっていたら歯周病にかかっています。

冷たいもの、熱いものが歯にしみる。
歯がグラグラしてくる


放っておくと抜けてしまいます。

歯周病は自然に治ることはありません。自覚症状がないうちの早めの予防が大切です。

予防方法
1.  口の中を清潔にしておきましょう。
2. 
食後に歯みがきをしましょう。
3. 
歯間ブラシ、デンタルフロス、スペースブラシなどあなたに合った補助器具を使用しましょう。
4.
歯石がたまったらとってもらいましょう!(6ヶ月or1年に1回はとってもらいましょう。歯ブラシでは取れません!)


sisyuu7.gif

・口の中のことに関心がない
・やわらかいもの甘いものばかり食べている
・口で呼吸する癖がある(口が乾燥しやすく、炎症か強まる)
・歯ぎしりをする
・歯並びが悪い
・タバコを吸う
・糖尿病
・女性の思春期、妊娠、更年期(骨そしょう症)
・不摂生な生活
・ストレスが多い(睡眠中くいしばったり、身体の抵抗力が低下)
・薬の副作用(抗てんかん薬、血圧の薬、自己免疫疾患の薬)


ご自分の日常生活を見直してください。